時計やジュエリーの保証書などの付属品が無くても売れる?

保管しておこう!ブランド付属品

時計やジュエリーを売るときに一番重要な付属品といえば、やはり保証書になりますね。本物であるという証明になるのは勿論のこと、修理やメンテナンスに有利に働きますので大変重要です。また、ジュエリーを購入した際には、必ず鑑定書がついてきます。宝石の鑑定士が、グレードの保証をしてくれる証明書になりますので、こちらも有るのと無いのとでは買取価格にかなり影響します。それから、箱やギャランティカード、時計であれば余りコマやケースなどの付属品は、出来る限り保存しておきましょう。査定結果が大きく変わることも考えられます。このように、保証書や箱などの付属品が無くても売る事には問題ありませんが、査定には影響してきますので注意して下さい。

高く売るにはここがポイントです!

付属品の有無は非常に大事な要素ですが、その他にもブランド品の買取価格に関する重要なポイントがあります。より新品に近い方が、当然査定は高くなりますので、勇気がいるでしょうが、なるべく早めに売りに出すようにして下さい。それから、汚れやシミを出来る限り落として、綺麗な状態で持ち込むことも大事ですね。このひと手間をかけることで、査定金額を大きくアップ出来る可能性があります。さらに、腕時計であれば、部品が正常に作動することや時計の精度は大切な問題です。そのため、オーバーホールなどの定期メンテナンスが行われていたかどうかで査定が左右されます。ブランド時計やジュエリーは、購入後も大事に取り扱っていくかが鍵になります。

世界的な恐慌状態に突然突入してしまい、あらゆる資産が暴落の様相を呈している今、金買取で手持ち資産の現金化をするのは逆にチャンスです。